【最新版!2016年10月1日時点】福岡県の民泊・Airbnb件数・稼働率・宿泊単価

Posted on Posted in Airbnb掲載物件データ分析, ALL
LINEで送る
Pocket

皆さんこんにちは、BnB Insight 編集部です。ここでは、2016年10月1日時点のBnB Insight最新データに基づいて、福岡県の民泊・Airbnbの掲載件数や稼働状況などを簡単に分析、ご紹介していきます。

福岡では、9月に福岡市議会が旅館業法施行条例の改正案を可決し、小規模施設が簡易宿所営業の許可対象に加えられたほか、簡易宿所営業施設において一定の要件を満たす場合にはフロントの設置が免除されるなど、合法的な民泊の普及に向けて規制が緩和されました。福岡市では上記とは別に特区民泊の制度を活用した民泊条例の制定も期待されており、引き続き今後の動きに注目です。それではさっそく福岡の最新の民泊状況について見ていきましょう。

福岡県のAirbnb掲載件数

2016年10月1日時点での福岡県内の掲載件数は、前月比106.7%増となる1,473件でした。そのうち1,334件を福岡市が占めています。福岡市内を地区別に見ると、博多区が413件、中央区が337件となっています。

福岡県のAirbnbホスト数

2016年10月1日時点での福岡県内のAirbnbホスト数は前月比103.6%増となる658名でした。そのうち562名を福岡市が占めています。福岡市内を地区別に見ると、博多区が204名、次いで中央区が164名となっています。

福岡県のAirbnb稼働率

2016年9月の福岡県内のAirbnb稼働率は前月比マイナス-12.4%となる56.2%でした。ホテルや旅館においても例年ピークシーズンの8月と比較して9月の稼働率は下がる傾向にありますので、こちらは季節変動が主な要因と考えられそうです。福岡市内を地区別に見てみると、中央区が66.1%、博多区が61.5%となっています。

福岡県の想定宿泊単価

2016年9月の福岡県内のAirbnbの想定宿泊単価は前月比364円減となる9,473円でした。福岡市内を地区別に見ると、博多区は10,473円、中央区は8,540円となっています。

※想定宿泊単価の定義:BnB Insightでは、ホストが設定した宿泊料金に加え、追加人数設定および追加料金、そして清掃料金を加味したうえで想定宿泊単価を設定しています。そのため、全体的にAirbnbリスティングページの右上に記載されている宿泊料金よりも高くなる傾向があります。

まとめ

いかがでしたでしょうか?福岡では旅館業法施行例の改正、熊本地震からのインバウンド需要の立ち直り、特区民泊制定への期待などから今後も民泊市場がさらに拡大すると見込まれています。ぜひ戦略的なエリア選定と民泊運用により安定的な収益を実現していきましょう。

さらに詳細なデータについては、下記より最新版の福岡県の地域別レポートをお求めください。Airbnb想定売上上位リスティングのURL一覧なども掲載しており、より具体的かつ詳細な分析ができるようになっています。

(BnB Insight 編集部)

LINEで送る
Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です